注目キーワード
  1. 革手袋
  2. 違法
  3. 初心者

【初心者必見】焚き火開始セット!これさえ揃えれば間違いなし

焚き火がやりたくなったけど、どれを揃えればいいかわからない!
あいすべ
こんな疑問に焚き火マニアが答えます。

焚き火が好きすぎて、SNSで発信していたら月間閲覧者が約320万人になりました!

ピンタレストフォロワー4300人

こちらは、焚き火特化のブログです。

そんな私がおすすめする焚き火のセットは、初心者でもかんたんに焚き火が楽しめる焚き火台や焚き火に関連するアイテム(ギア)です。

焚き火にはいくつか必須のアイテムがあるのですが、かんたんな理由も添えて紹介したいと思います。

必要度用途価格
焚き火台★★★直火禁止の場合は必須3,000~50,000
★★★基本必要50~200/kg
革手袋★★★ないと色々と不便、火傷注意2,000~8,000
火ばさみ★★★薪の移動、形を変える、落ちた炭を拾う100~3,000
火消し壺★★★炭は中々消えません2,000~8,000
ファイヤースターター★★★火をつけるのに使う100~3,000
スパッタリーシート★★芝の上では必須、後片付けにも便利2,000~5,000
焚き火テーブル★★焚き火の付近で使えるので便利2,000~5,000
焚き火椅子★★焚き火鑑賞に特化した椅子、穴が開かない5,000~10,000
手斧★★薪のサイズ調整と、火のコントロールに3,000~15,000
ケトルお湯があると色々便利2,000~5,000

星3以外は、なくても何とかなるものもあります。

焚き火を鑑賞する上で、あった方がいいと思う物を一覧にしました。

焚き火台

直火はキャンプ場も禁止の所が増えましたし、今後もっと増えるので持っていると良いと思います。

後片付けするにも、焚き火台はあった方がいいです。

そして、焚き火台の選び方としては

・サイズ(コンパクト1~2名、それ以上)
・用途(鑑賞or調理)
・メーカー(カッコよさ)
3つの観点から選ぶことになると思います。
まずは、サイズを選ぶようにしましょう、ソロならばコンパクト焚き火台でも十分楽しめます。
鑑賞や焚き火そのものを楽しむのであれば、焚き火台の形が重要です。
薪の組み方、完全に燃やし尽くすための工夫なども焚き火を楽しむ醍醐味の1つです。

コンパクト焚き火台

ユーコ(UCO)フラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット
今回私もコンパクト焚き火台を購入しました。
ユーコ(Uco)ですね。
記事にもしています。
最初はコンパクトなので、ある意味諦めてた部分もあるのですが、1人用としてだけでなく焚き火マニアでも十分楽しめる焚き火台でした。
まだ数回しか使っていないので、デメリットも見当たりません。

調理向き焚き火台

これは、色々と意見が分かれそうですが、私のおすすめはコスパがいいので。
キャプテンスタッグ焚き火台ヘキサステンレス ファイア グリル バッグ付 M-6500
キャプテンスタックのバーベキューコンロ焚き火台です。
何といっても、使いやすいし、安い!
初心者が料理に特化したいと思ったら、この焚き火台がおすすめです。
これもインタビュー記事を書いているので、参考になれば幸いです。

マルチでコスパが高い焚き火台

私が一番初めに買った焚き火台なので、思い入れもあります。

アートファイヤー

ユニフレームファイヤーグリル。名前の通り、料理にも向いています。

焚き火台としては、実は初心者向きじゃないのです。

何故ならば、焚き火台に角度がないからです。

角度がない場合は、火を維持するのも、薪を燃やしきるのも結構大変です。

あいすべ
しかし、薪の組み方を楽しめる焚き火マニアはコレが一番面白いと思います。
愛犬
苦戦するのを楽しむってわけね。

その割にはリーズナブルなので、おすすめです。

当然記事も書いています。

薪の組み方

薪はほぼ必須です。

キャンプ場でも買うことが出来ますし、ホームセンターとかにも売っています。

薪を使わない場合は、その辺の木を拾ってくれば、なんとかなるかもしれませんが場所によっては禁止なので注意して下さい。

あいすべ
私は薪屋さんで買うようにしていますが、マニアは自分で作ったりしますね。
愛犬
薪割りは重労働だし、薪を乾かす場所が大変だよね。

なので焚き火くらいの消費量ならば、購入するのが楽ですね。

コチラも記事を書いています。

革手袋

最初はこんなの無くても大丈夫と思いながら、今ではハマって、革手袋買いまくってます。
キンコグローブ比較ワークマン
実は革手袋は必須です。
火が付いた薪を少し火ばさみで移動させるときも、結構手が熱くなるので革手袋が欲しくなります
そして、何よりもカッコいいです。
革手袋をして、火ばさみを持って、ぼーっと火を眺めてるだけなのに絵になったりします。
ここに関しては、ワークマン、キンコグローブ、グリップスワニーの比較をしているので是非ご覧ください。

火ばさみ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 2WAY ダッチオーブン 炭バサミ 開いた場合
実は火ばさみも必須レベルで必要になってきます。
薪を一度セッティングして、最後まで燃やしきるなんて、至難の業ですし。
あいすべ
私も一回もそれは出来てないです。
薪が崩れて、下に落ちちゃったり、途中で燃え残りそうな形になってしまったりします。
なので、火ばさみがあると間違いありません。
記事にしています。

火消し壺

火消し壺 比較
これは、焚き火をやるスタイルによって変わってくると思います。
キャンプなどで、炭を捨てる場所があれば、なくても何とかなるかもしれません。
しかし、炭はかなりの時間燃え続けます。
見た目では消えているように見えても、中心ではまだ燃えている事があるので、注意です。
夜やった焚き火の炭が、朝もまだ燃えているなんてこともあります
夜間、火事の心配がないなら大丈夫ですが、心配なら火消し壺はあると便利です。
あいすべ
もしくは、私のように焚き火が終わったら移動する人。
愛犬
焚き火オンリーはレアだと思う。
焚き火が熾火の状態で、火消し壺に入れて酸欠にして消します。
炭の再利用にもなるので、結構便利です。
一度失敗しています。

ファイヤースターター

あいすべ
実は、ここを私はサボっています。
愛犬
いつもマッチだもんね。
マッチが好きなんです!
でもなんか、麻ひもを解して、ファイヤースターターで付けた方がカッコいいですよね。
ファイヤースターターは100均にも売っていて、麻ひもも100均に売ってるので、今度試してみます!
マッチとどっちが楽しいのかを。
松ぼっくりは着火剤
因みに私の着火剤は、松ぼっくりです!

スパッタシート

ここからは必須ではないけど、あると便利ですってグッツになります!
イチフジ スパッタシート
芝生の上でやるならば、必須です!
キャンプ場や、河原では必ずしも必要ないのでスタイルによって変わると思います。
これはイチフジのスパッタシートですが、結構いいです。
芝が全く焦げませんでした
芝の上で焚き火やると、一発で芝がダメになるので、注意です。

焚き火椅子

キャンピングムーン 焚き火椅子

実は一番調べぬいて買ったのは、この椅子かもしれません。

座面高さ、素材、形状。

あいすべ
かなり思った通りのモノが手に入って、猛烈にテンションがあがる椅子です。
愛犬
お気に入りだよね。

素材が綿なので、火の粉で穴が空いたりはしません。

普通のキャンプ用の椅子ってすぐに穴が開くんですよね。

そして猛烈にリラックスして、焚き火鑑賞ができるので、おすすめ。

でも売り切れを良く起こすので、今あると良いですが。

焚き火テーブル

焚き火テーブル 耐熱
焚き火用のテーブルですが、ベランダでひなたぼっこをした時も使ってました。
あいすべ
このテーブルは実はたいして調べないで、購入しました。
愛犬
だめじゃん(笑)
焚き火の熱には耐えられない気がするなと思って購入したら、案の定でしたがでも使い続けています。
焚き火の横に置くテーブルって耐熱性が高くないと、使えないので結構選ぶのが難しいです。
良いものがあったら購入して、またレビューしたいと思います。

手斧

ハスクバーナ手斧 38cm
実は、焚き火台よりも斧選びに、猛烈な時間を割きました。
あいすべ
斧ってカッコいいじゃないですか?
愛犬
確かに武骨な感じがいい。
あいすべ
最初ナイフとか買って、大失敗してるんですよ。
愛犬
バトニングやりたくて買って、手が疲れて嫌になってたよね(笑)
なので、斧では失敗したくなくて、洋斧と和斧の違いとかめっちゃ調べました。
コスパ最強はこの斧で間違いないっす。

ケトル

スノーピークケトルNo1
焚き火を寒い季節にやっていると、コーヒーを飲みたくなったり、カップラーメンを食べたくなったりするのです。
あいすべ
これは人類が40万年前から思っていたと思います。
愛犬
なんのこっちゃ(笑)
あいすべ
焚き火の歴史は40万年前から…
愛犬
いや、ケトルの話して!
ケトルが一個あるだけで、かなり遊べます。
  • お湯でコーヒー
  • カップ麺をケトルで作る
  • 気合で炊飯
このケトルはスノーピークですが、安いですし、使い勝手も非常にいいです。
当然レビューは書いています!

まとめ

これらがあれば、焚き火の時に困ることは少ないと思います。
今後も追加していくとは思いますが、今一番欲しいのは。
雨対策グッツ。
雨でも焚き火やりたいのですが、どんな素材のモノを使えば焚き火出来るのかまだ模索中です。
タープだと、穴空きそうな気がする。
焚き火に必要なギアまとめ
最新情報をチェックしよう!